2008年09月06日

1/144 ギラドーガ[非HGUC 旧キット]レビュー8 大腿部膝関節股関節

逆襲のシャア、1/144 ギラドーガですが、とうとうHGUCシリーズからリリースされることになったようです...(泣)。この「1/144 ギラドーガ[非HGUC 旧キット]」のレビューも11月の発売までに間に合えばいいのですが、ちょっと無理かな...。

今回は、「バンダイ 1/144 ギラドーガ[非HGUC 旧キット]」の脚部、大腿部を製作、改造しました。

バンダイ 1/144 ギラドーガ[非HGUC 旧キット](GEARA DOGA AMS-119) 大腿部1

「1/144 ギラドーガ[非HGUC 旧キット]」の大腿部、所謂太ももの部品です。この「1/144 ギラドーガ[非HGUC 旧キット]」の太ももですが、股関節は、先般の「1/144 ギラドーガ[非HGUC 旧キット]レビュー5 胴体、腰部3」の回でも書きましたとおり、ボールジョイントに変更しました。なので、太ももの部品にはポリキャップを埋め込みました。ポリキャップは、これまでどおりコトブキヤの、モデリングサポートグッズのポリキャップ(軸径3mm、球径5mmくらい)です。

ポリキャップの固定には、アルテコの「瞬間接着パテSSP-HG」を使用しました。「1/144 ギラドーガ[非HGUC 旧キット]」の太ももの部品の、胴体、股部品側に大穴をあけてポリキャップを挿入しようかと思ったのですが、固定する部分が少なかったので、モナカ割りの2つの部品を張り合わせた後、外側を切断して挿入しました。もちろん、ポリキャップ固定後は、切断した箇所を元に戻して整形しました。ということで「1/144 ギラドーガ[非HGUC 旧キット]」の太ももの部品は、上、及び下の写真のような感じになってます。

バンダイ 1/144 ギラドーガ[非HGUC 旧キット](GEARA DOGA AMS-119) 大腿部2

「1/144 ギラドーガ[非HGUC 旧キット]」の膝関節はちょっと変わった形状ですが、うまくポリキャップが隠れるようになっています。なので、できるだけこの膝関節を残そうと思いました。しかしながら、動力パイプから軸が延びているので、改造に悩みました。というのも、「1/144 ギラドーガ[非HGUC 旧キット]」は、全体のディティールアップとして、動力パイプをパイプスプリング+モビルパイプに置き換えたいからです。仕方なく、膝関節の強度を損なわないよう、動力パイプのモールドを小さく削り込みました。そしてその削り込んだ「1/144 ギラドーガ[非HGUC 旧キット]」膝関節の動力パイプのモールドの上に、重ねるような形でパイプスプリング+モビルパイプの動力パイプを新造する予定です。

今日の「1/144 ギラドーガ[非HGUC 旧キット]」のレビューはここまで。以下、次回。

バンダイチャンネル