2008年01月28日

1/144 HGUC ハイゴッグ その1

ガンプラ製作復活の記念すべき製作第1号として、ガンプラ製作記|ガンプラ作り方にロールアウトするのは、
バンダイ 1/144「HGUC ハイゴッグ」です。

バンダイ 1/144 HGUC ハイゴッグ(HY-GOGG MSM-03C) 外箱

....
普通ならやはり「ガンダム」を作るのかも知れないけれど、あえて
「HGUC ハイゴッグ」!

なぜなら、その異形の姿が気に入ったからです。
しかも、ハイゴッグが動いている映像は見たことがないです....。

私が映像としてみたのは、「機動戦士ガンダム(所謂ファーストガンダム)」の再放送と映画、「機動戦士Zガンダム」、「機動戦士ガンダム 逆襲のシャア」くらいです。ZZ(ダブルゼータ)も序盤を少し見たかも。「機動戦士ガンダム」の映画にいたっては、近所の公民館で1、2、3をぶっとおしで見ました。

話によると、ハイゴッグ(HY-GOGG、型式番号:MSM-03C)は、OVA『機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争』に登場するジオン公国軍の水陸両用モビルスーツということです。一年戦争時に登場したゴッグ(GOGG、型式番号:MSM-03)に対して、軽量化による運動性能の向上を図ったらしいのですが、そのせいで装甲が脆弱になり、ジムのマシンガン程度で打ち抜かれるお粗末な装甲だったらしいです....。この異形の姿なりに、もっと強かったらよかったのに。

というわけで、当“ガンプラ製作記|ガンプラ作り方”では、次回から「HGUC ハイゴッグ」の製作、作り方をレビューしたいと思います。

2008年03月03日

1/144 HGUC ギャプラン TR-5 フライルー その1

ガンプラ製作記|ガンプラ作り方、次にロールアウトするのは、
「HGUC ギャプラン TR-5 フライルー」

バンダイ 1/144 HGUC ギャプラン TR-5 フライルー(GAPLANT TR-5 [HRAIROO] ORX-005 TR-5) 外箱

....
次こそ「ガンダム」か、と思いましたが、
「HGUC ギャプラン TR-5 フライルー」!

なぜなら、その白い雄姿が「ガンダム」っぽく気に入ったからです。
ベースは、Zガンダムのギャプランなようですが、もともと、模型雑誌の企画で誕生したモビルスーツらしいので、詳細はよく分かりません....。

話によると、ギャプラン TR-5 フライルー(GAPLANT TR-5 [HRAIROO]、型式番号:ORX-005 TR-5)は、模型雑誌「電撃ホビーマガジン」に掲載された模型と小説によるフォトストーリー作品『ADVANCE OF Ζ(アドバンス・オブ・ゼータ) ティターンズの旗のもとに』に登場し、地球連邦軍特殊部隊ティターンズで開発されたモビルスーツということだそうです。ギャプラン TR-5 フライルーは、「機動戦士Zガンダム」に登場し、ロザミア・バダムやヤザン・ゲーブルが搭乗したギャプラン(GAPLANT、型式番号:ORX-005)から派生したバリエーション機らしい。ティターンズ・テスト・チーム(通称、T3部隊)が兵器の試験を行っていたようです。「HGUC ギャプラン TR-5 フライルー」は、本来のギャプランにいろんなものがくっ付いているようで、ゴテゴテしていて、とにかく重そうなモビルスーツです。小回りが効かないと思われ、モビルスーツというよりモビルアーマーといった感じでしょうか....。

以前よく購入したり、立ち読みしたりしていた「ホビージャパン」や「電撃ホビーマガジン」を、最近また読むようになったが、もうすでに『ADVANCE OF Ζ ティターンズの旗のもとに』の企画は終了しています。内容はよく分からないけど、模型ショップで見たパッケージイラストの第一印象で、次はコレだ!っと思った次第です。「HGUC ギャプラン TR-5 フライルー」は、「HGUC ハイゴッグ」と比較して外箱がかなりデカく、価格もデカいです (>_<)

というわけで、当“ガンプラ製作記|ガンプラ作り方”では、次回から「HGUC ギャプラン TR-5 フライルー」の製作、作り方をレビューしたいと思います。