2008年01月29日

1/144 HGUC ハイゴッグ その2 頭部

まず、「HGUC ハイゴッグ」の頭部を製作しました。

バンダイ 1/144 HGUC ハイゴッグ(HY-GOGG MSM-03C) 頭部正面

頭部といっても、頭と上半身が一体化してますが....。まっ、そこがジオンの水陸両用モビルスーツの特徴で、かっこいいところでしょうか。ザクのマリンタイプとかもあったような気がしますが、やはりこの「HGUC ハイゴッグ」の、ゴッグやズゴックに類似する頭の形状がいい感じです。

さて、「HGUC ハイゴッグ」の頭部の製作で気になったのが、やはりモノアイです。大きな改修はしたくないけれど、現在一般的なモノアイの改修方法として挙げられているウェーブのHアイズへの変更はしておきたいです。

でも、この「HGUC ハイゴッグ」、モノアイがすでにピンクのクリアパーツになっています!なので、このまま利用することとして、なんとか光の加減で輝くようにしたいです。モノアイレールに相当する部分は、大掛かりなくり抜きが必要となるので断念します。

ということで、「HGUC ハイゴッグ」のモノアイのピンクのクリアパーツを、先端側から1.5mmくらいのところでカットしました。裏側にキラキラ光るシートなどを挟もうと考えましたが、直径があまりに小さく作業がし難かったので断念しました。そこで、カットした断面をGSIクレオスのガンダムマーカーのメッキシルバーで塗装しました。しかしながら、接着時に塗料が若干流れてしまった...._| ̄|○ というわけで、「HGUC ハイゴッグ」のモノアイの光沢のほどは?でありました。

バンダイ 1/144 HGUC ハイゴッグ(HY-GOGG MSM-03C) 頭部側面

次に「HGUC ハイゴッグ」の頭部及び上半身で気になったのが、前後のパーツの合わせ目です。所謂モナカ割りというのか、肩の軸線中心にきれいに前後に分かれています。肩より下側は、樹脂を溶かしてムニュッとさせて削り、大体合わせ目は目立たなくなりました。

しかーし!「HGUC ハイゴッグ」の肩より上側に、合わせ目のすぐそばにモールドがある箇所が...._| ̄|○

でもここは、「HGUC ハイゴッグ」の箱絵を見ると、モールドになっているようなので、合わせ目消しをせず、そのまま残しました。もしかして、ここにモールドがあることを考慮して、「HGUC ハイゴッグ」の上半身を前後に割ったのかな?バンダイさん....。