2008年03月03日

1/144 HGUC ギャプラン TR-5 フライルー その1

ガンプラ製作記|ガンプラ作り方、次にロールアウトするのは、
「HGUC ギャプラン TR-5 フライルー」

バンダイ 1/144 HGUC ギャプラン TR-5 フライルー(GAPLANT TR-5 [HRAIROO] ORX-005 TR-5) 外箱

....
次こそ「ガンダム」か、と思いましたが、
「HGUC ギャプラン TR-5 フライルー」!

なぜなら、その白い雄姿が「ガンダム」っぽく気に入ったからです。
ベースは、Zガンダムのギャプランなようですが、もともと、模型雑誌の企画で誕生したモビルスーツらしいので、詳細はよく分かりません....。

話によると、ギャプラン TR-5 フライルー(GAPLANT TR-5 [HRAIROO]、型式番号:ORX-005 TR-5)は、模型雑誌「電撃ホビーマガジン」に掲載された模型と小説によるフォトストーリー作品『ADVANCE OF Ζ(アドバンス・オブ・ゼータ) ティターンズの旗のもとに』に登場し、地球連邦軍特殊部隊ティターンズで開発されたモビルスーツということだそうです。ギャプラン TR-5 フライルーは、「機動戦士Zガンダム」に登場し、ロザミア・バダムやヤザン・ゲーブルが搭乗したギャプラン(GAPLANT、型式番号:ORX-005)から派生したバリエーション機らしい。ティターンズ・テスト・チーム(通称、T3部隊)が兵器の試験を行っていたようです。「HGUC ギャプラン TR-5 フライルー」は、本来のギャプランにいろんなものがくっ付いているようで、ゴテゴテしていて、とにかく重そうなモビルスーツです。小回りが効かないと思われ、モビルスーツというよりモビルアーマーといった感じでしょうか....。

以前よく購入したり、立ち読みしたりしていた「ホビージャパン」や「電撃ホビーマガジン」を、最近また読むようになったが、もうすでに『ADVANCE OF Ζ ティターンズの旗のもとに』の企画は終了しています。内容はよく分からないけど、模型ショップで見たパッケージイラストの第一印象で、次はコレだ!っと思った次第です。「HGUC ギャプラン TR-5 フライルー」は、「HGUC ハイゴッグ」と比較して外箱がかなりデカく、価格もデカいです (>_<)

というわけで、当“ガンプラ製作記|ガンプラ作り方”では、次回から「HGUC ギャプラン TR-5 フライルー」の製作、作り方をレビューしたいと思います。