2008年04月02日

1/144 ガーベラテトラ[非HGUC 旧キット]レビュー1

ガンプラ作り方|ガンプラ製作日記、次にロールアウトするのは、
バンダイ 1/144「ガーベラテトラ」[非HGUC 旧キット]

バンダイ 1/144 ガーベラテトラ[非HGUC 旧キット](GERBERA-TETRA AGX-04) 外箱

この「バンダイ 1/144 ガーベラテトラ[非HGUC 旧キット]」は、次のバンダイの1/144ガンプラ、HGUCシリーズを購入しようとしてプラモコーナーを物色していたところ「1/144 ガーベラテトラ[非HGUC 旧キット]」に目を奪われました。旧キットは、納得のいく形態に整えるのに改造、改修がたいへんだと思われたので、基本的に塗装しない私としましては敬遠していたのですが....。しかしながら、この「バンダイ 1/144 ガーベラテトラ[非HGUC 旧キット]」は、パッケージ横の写真を見る限り、非常にプロポーションが良かったこともあって、そのままレジに向かって歩いていました。

ガーベラテトラ(GERBERA-TETRA、型式番号:AGX-04)は、オリジナルビデオアニメ『機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY』に登場する、シーマ・ガラハウ搭乗のモビルスーツです。ガーベラテトラの「ガーベラ」の名前の由来が気になっていたのですが、劇中に登場するガンダム開発計画によって開発、試作されたモビルスーツ(ガンダム)にはそれぞれ、花にちなんだ非公式のコードネームが与えられているようですね。ガーベラテトラの「ガーベラ」は、花屋で見かける(滅多に行きませんが....)あのガーベラで分かるのですが、「サイサリス(ほおずき)」や「テンドロビウム(洋ランの一種)」、「ステイメン(花のおしべ)」もそれぞれ、花にちなんだ名称だったとは知りませんでした。

さて、ガーベラテトラは、ガンダム試作4号機「GP-04 ガーベラ」として開発が予定されていましたが、コンセプト1号機と重複したためガンダム開発計画から外されたそうです。しかしながら、アナハイム社はこのガーベラを元に「ガーベラテトラ」を開発し、裏取引によってシーマ・ガラハウに譲渡しました。ということは、ガーベラテトラは、外装はまったくガンダムっぽくないのですが、中身はガンダムGPシリーズと類似するってことでしょうか。

ところで、この「ガーベラテトラ」に搭乗したシーマ・ガラハウさんですが、ジオン公国軍当時の任務内容が理由で1年戦争後にジオン残党から干されて宇宙海賊となり、デラーズフリートから召喚されたものの、裏では連邦軍との人脈作りに奔走していました。そんなどっち付かずのシーマ・ガラハウさん、最後は、コウ・ウラキ搭乗のガンダム試作3号機 GP-03 デンドロビウムのメガビームキャノンで乗機ガーベラテトラもろとも串刺しにされ、さらにその砲撃をゼロ距離射撃で浴びて凄惨に散りました。もの悲しい最後でした。

というわけで、当“ガンプラ作り方|ガンプラ製作日記”では、次回から「バンダイ 1/144 ガーベラテトラ[非HGUC 旧キット0083シリーズ]」の作り方、製作日記によるレビューをしたいと思います。

2008年07月15日

1/144 ギラドーガ[非HGUC 旧キット]レビュー1

ガンプラ作り方|ガンプラ製作日記、次にロールアウトするのは、
バンダイ 1/144「ギラドーガ」[非HGUC 旧キット]

バンダイ 1/144 ギラドーガ[非HGUC 旧キット](GEARA DOGA AMS-119) 外箱

バンダイの1/144ガンプラ、HGUC逆襲のシャアシリーズも、2007年10月HGUCヤクトドーガ2種(ギュネイ用、クェス用)発売、2008年1月HGUCリガズィ発売、3月HGUCνガンダム発売、6月HGUCサザビー発売と立て続けにきて、その流れでHGUCギラドーガ、HGUCジェガンとくるかなと思いきや、8月に0080ポケットの中の戦争シリーズのHGUCケンプファー、HGUCリックドム2(ライトグリーンバージョン)の発売となりました。そこで、HGUCシリーズでギラドーガがいつ発売になるか分かりませんが、旧キット逆襲のシャアシリーズの「ギラドーガ」を製作することにしました。願わくば、HGUCシリーズでギラドーガが発売になる前に完成にこぎつけたいです....。

ギラドーガ(GEARA DOGA、型式番号:AMS-119)は、映画『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』に登場する、ネオ・ジオン軍の汎用量産型のモビルスーツです。ギラドーガは、旧ジオン公国のMS-06ザクの流れをくむ集大成のモビルスーツといったところでしょうか。ギラドーガは、地球連邦軍の主力モビルスーツであるジェガンに対抗するネオ・ジオン軍の主力モビルスーツです。ギラドーガには、兵装違いのバリエーション機が複数存在し、ギラドーガ改や、長距離砲「ランケ・ブルーノ砲」を搭載したギラドーガ重武装仕様、ヤクトドーガやサザビーの原型となったギラドーガサイコミュ試験型などがそのギラドーガのバリエーション機にあたるそうです。

というわけで、当“ガンプラ作り方|ガンプラ製作日記”では、次回から「バンダイ 1/144 ギラドーガ[非HGUC 旧キット]」の作り方、製作日記によるレビューをしたいと思います。

2009年07月18日

1/144 ジェガン[非HGUC 旧キット]レビュー1

ガンプラ作り方|ガンプラ製作日記、次にロールアウトするのは、
バンダイ 1/144「ジェガン」[非HGUC 旧キット]

バンダイ 1/144 ジェガン[非HGUC 旧キット](JEGAN RGM-89) 外箱

バンダイの1/144ガンプラ、HGUC逆襲のシャアシリーズも、残すところ「HGUCジェガン」が最後となっていたのですが、2009年8月に発売が決まったようです....。「HGUCジェガン」が発売になる前に完成したかったのですが、ちょっと厳しいようです (-_-;) しかしながら、なんとか早い時期にこぎつげるべく、旧キット逆襲のシャアシリーズの「ジェガン」を製作することにしました。

ジェガン(JEGAN、型式番号:RGM-89)は、映画『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』に登場する、地球連邦軍の汎用量産型のモビルスーツです。先に製作しましたギラドーガが旧ジオン公国のMS-06ザクの流れをくむ集大成のモビルスーツなら、こちらのジェガンは地球連邦軍のRGM-79ジムの流れをくむ集大成のモビルスーツといったところですかね。ジェガンは、所謂機動戦士ガンダムファースト期の一年戦争から15年程度経った第二次ネオ・ジオン抗争期(「逆襲のシャア」の時期)にロンド・ベル隊を中心に配備されました。その後、ジェガンは、約60年経ったザンスカール戦争時においてもマイナーチェンジ機が使用され、結果としてジェガンシリーズはジムシリーズより長く使用されることになったそうです。ジェガンは、対抗するギラドーガと比べるとちょっと貧弱な感じなのですが、運用上は非常に優秀だったということでしょうか。

というわけで、当“ガンプラ作り方|ガンプラ製作日記”では、次回から「バンダイ 1/144 ジェガン[非HGUC 旧キット]」の作り方、製作日記によるレビューをしたいと思います。

2014年07月04日

1/144 R-ジャジャ[非HGUC 旧キット]レビュー1

ガンプラ作り方|ガンプラ製作日記、次にロールアウトするのは、
バンダイ 1/144「R-ジャジャ」[非HGUC 旧キット]

バンダイ 1/144 R-ジャジャ[非HGUC 旧キット](R-JARJA AMX-104) 外箱

今回は「1/144 R-ジャジャ[非HGUC 旧キット]」です。R-ジャジャはHGUCでも、MGでも、未だ製品化されていませんし、もちろん新製品のアナウンスもなされていません。例によって、「HGUC R-ジャジャ」なるものが発売になる前に完成させたいですね。「機動戦士ガンダムZZ」に登場した他の機体では、「HGUC ドライセン」、「HGUC ドーベンウルフ」がすでにHGUCシリーズで製品化されています。

R-ジャジャ(R-JARJA、型式番号:AMX-104)は、「機動戦士ガンダムZZ」に登場し、キャラ・スーンが搭乗した機体です。キャラ・スーンは後に強化人間化され、ニュータイプ専用重MS ゲーマルク(GEYMALK、型式番号:AMX-015)にも搭乗します。R-ジャジャの機体コンセプトは所謂ファーストガンダムに登場したギャン(GYAN、型式番号:YMS-15)の流れをくんでいるようです。R-ジャジャは白兵戦用試作MSですが、開発途上で量産化が見送られ、指揮官用にカスタマイズされた後に実戦投入されました。

R-ジャジャは、鞘状のサーベルラックが付属したビームサーベルや前後に可動するバリアブルシールドといった特異な形態を備えています。ビームサーベルには実体剣が存在しないのに鞘(サーベルラック)?が付属します。ビームサーベルはともかく、バリアブルシールドの「可動式盾」としての立体化はかなり厳しいのではないかと思われます。無理をせず、通常の立ち姿で納得のいく形に仕上がれば良いかと考えています。

バンダイ 1/144 R-ジャジャ[非HGUC 旧キット](R-JARJA AMX-104) 仮組み

上の画像は「1/144 R-ジャジャ[非HGUC 旧キット]」の仮組み状態です。「1/144 R-ジャジャ[非HGUC 旧キット]」のプロポーションですが、胸部、腰部、下腿部、足首がやや大きい印象です。一方、肩アーマーはやや小さい印象です。そして、腰部やサイドアーマーの回転機構、特に正面及び背面の6角形の部品がどういった構造になっているのか、よく分かりません。これらの構造を踏まえた上で、プロポーションをスマートに修正しつつ、HGUC並みの可動機構を組み込む必要があります。

どのような工作をしようかと思案していたところ、偶然にもホビージャパン誌に作例が掲載されていました。これによると、「HGUC ユニコーンガンダム」のフレームに、外装として「1/144 R-ジャジャ[非HGUC 旧キット]」のパーツを合わせるような工作が行われています。そこで、このホビージャパン誌の作例を参考にしつつ、自分なりのアレンジを取り入れたいと思います。

というわけで、当“ガンプラ作り方|ガンプラ製作日記”では、次回から「バンダイ 1/144 R-ジャジャ[非HGUC 旧キット]」の作り方、製作日記によるレビューをしたいと思います。


※後日追記
 「 HGBF 1/144 R・ギャギャ 」がプラモデル化決定となったようです。2014年12月発売予定だそうです。この「 HGBF 1/144 R・ギャギャ 」を利用、改造すれば、HGUC並みの可動機構を持ったノーマルの「 1/144 R-ジャジャ 」の立体化も比較的容易になるのではないかと思われます。また、そのあと直ぐに「 HGUC R・ジャジャ 」も発売となるかもしれませんね。