2008年04月11日

1/144 ガーベラテトラ[非HGUC 旧キット]レビュー4 胴体の製作、改造

今回は、「バンダイ 1/144 ガーベラテトラ[非HGUC 旧キット]」の胴体の製作、改造をしました。

バンダイ 1/144 ガーベラテトラ[非HGUC 旧キット](GERBERA-TETRA AGX-04) 胴体

画像は、「1/144 ガーベラテトラ[非HGUC 旧キット]」の胴体の辺りです。「1/144 ガーベラテトラ[非HGUC 旧キット]」の胴体の主たる改造点は、腰部の動力パイプです。腰部の動力パイプは、コトブキヤのモデリングサポートグッズ、プラユニットの「モビルパイプ」と、スプリングユニットとで作り直しました。先般の膝裏の動力パイプと同様の改造ですが、直径がかなり太くなっています。モビルパイプは、胴体と同色に塗装しようかと考えましたが、ガンダムマーカーでの調合は面倒なので割愛しました(^_^;) モビルパイプ自体のグレーですが、「1/144 ガーベラテトラ[非HGUC 旧キット]」のレッドにいい感じに馴染んでいるかと思います。

バンダイ 1/144 ガーベラテトラ[非HGUC 旧キット](GERBERA-TETRA AGX-04) 胴体部品

「1/144 ガーベラテトラ[非HGUC 旧キット]」の胴体のみの部品の画像です。胴体は、ほかの部品同様、前後からキレイに挟み込む、所謂モナカ割りのパーツ分割になっています(ToT) ここは、接着時に合わせ目を上手く消すことができなかったので、ガンダムマーカーを胴体の色に調合したものを筆塗りしました。それでもまだ合わせ目が完全に消えていないですね...._| ̄|○

「1/144 ガーベラテトラ[非HGUC 旧キット]」の股関節は、ボールジョイントのようになってます。また、「1/144 ガーベラテトラ[非HGUC 旧キット]」の腰部には、アーマーがありません。なので、脚部のポージングが比較的容易にでき、脚部をハの字に開くのも簡単です。この腰の辺りは、コトブキヤのモデリングサポートグッズ「マイナスモールド」を追加して、ディティールアップしています。このマイナスモールドも未塗装です。

バンダイ 1/144 ガーベラテトラ[非HGUC 旧キット](GERBERA-TETRA AGX-04) 背部 バンダイ 1/144 ガーベラテトラ[非HGUC 旧キット](GERBERA-TETRA AGX-04) 背部 メインスラスター テールスタビライザー

「1/144 ガーベラテトラ[非HGUC 旧キット]」の背部の画像です。特に弄ったところはないのですが、先般同様、メインスラスターの内側には何もモールドがなく、寂しいのでコトブキヤのモデリングサポートグッズで二重化してあります。テール・スタビライザーには、後方に向かって延びる途中の箇所に凹モールドを追加し、スジ彫りを施しました。なお、背部の上側の画像では、両面テープで仮止めした左側のフィン・スタビライザーが曲がってしまってます(^_^;)

今日の「バンダイ 1/144 ガーベラテトラ[非HGUC 旧キット0083シリーズ]」のレビューはここまで。以下、次回。