2009年07月27日

1/144 ジェガン[非HGUC 旧キット]レビュー3 頭部

今回は、「バンダイ 1/144 ジェガン[非HGUC 旧キット]」の頭部(首関節)を製作、改造しました。

バンダイ 1/144 ジェガン[非HGUC 旧キット](JEGAN RGM-89) 旧キットの頭部

上の写真は、「1/144 ジェガン[非HGUC 旧キット]」の頭部及び首関節の、旧キットのままの状態です。首関節は、胴体胸部側から軸が上に突き出ているだけの関節です。この軸に頭部を差し込んで、横方向への回転が可能です。首は、頭部側から下方に向かって太いのが延びています。首は胴体側から上方に向かっているほうが自然だと思われます。ということで、「1/144 ジェガン[非HGUC 旧キット]」の首関節については、改修、改造して可動範囲を広げることにしました。

バンダイ 1/144 ジェガン[非HGUC 旧キット](JEGAN RGM-89) 首ボールジョイント

上の写真は、「1/144 ジェガン[非HGUC 旧キット]」の首関節の改修、改造を終えた状態です。首関節の基部は、他キットの余ったポリキャップで、首用のものだと思われるポリキャップを用いました。ボールジョイントの下側に首のモールドが施された角柱があるのですが、その部分をプラ板とタミヤのポリパテでカバーしました。ポリキャップの最下部には頭部を前後に振るための軸が設けられていたのですが、オミットしました (^_^;) 加工が大変そうなので....。

「1/144 ジェガン[非HGUC 旧キット]」の頭部側は、底面を削り取り、内部にタミヤのポリパテを詰め込みました。そして、首側のボールジョイントが通る穴を下から上方に向かってピンバイスで開けました。また、「1/144 ジェガン[非HGUC 旧キット]」の頭部各所には、スジ彫りやプラ板などでオリジナルのディティールアップを施しました。スジ彫りは、BMCタガネ0.15mm、或いは0.2mmで行いました。プラ板は、イエローサブマリン製の0.14mm厚プラストライプ(プラシート)を用いました。イエサブ製の0.14mm厚プラストライプ(プラシート)は、先般の「1/144 ジェガン[非HGUC 旧キット]レビュー2 胴体」でもディティールアップに使用しました。

今日の「1/144 ジェガン[非HGUC 旧キット]」はここまで。以下、次回。