2009年08月24日

1/144 ジェガン[非HGUC 旧キット]レビュー7 塗装、完成

今回は、「バンダイ 1/144 ジェガン[非HGUC 旧キット]」」に塗装を行い、完成しました。「1/144 ジェガン[非HGUC 旧キット]」です。

バンダイ 1/144 ジェガン[非HGUC 旧キット](JEGAN RGM-89) ジェガン正面1 バンダイ 1/144 ジェガン[非HGUC 旧キット](JEGAN RGM-89) ジェガン背面

「1/144 ジェガン[非HGUC 旧キット]」は、全体塗装を実施しました。塗料は、GSIクレオスの水性ホビーカラーの筆塗りです。「1/144 ギラドーガ[非HGUC 旧キット]」も水性ホビーカラーの筆塗りでしたが、やや慣れてきたのか、殆ど筆ムラなしで塗ることができました。「1/144 ギラドーガ[非HGUC 旧キット]」のときと同様、殆ど薄めることなく、ビンから直接、幅広の筆で、筆を返す動作をしないように一気に塗りました。今回はつや消し添加剤を多めにして、つや消しで塗りました。

薄い緑はよもぎ色で、濃い緑はグリーンです。バーニアの内側はイエロー、各関節部等はニュートラルグレーです。シールドのブルーっぽい箇所はよく覚えていません...。

バンダイ 1/144 ジェガン[非HGUC 旧キット](JEGAN RGM-89) ジェガン正面上側拡大 バンダイ 1/144 ジェガン[非HGUC 旧キット](JEGAN RGM-89) ジェガン背面上側拡大
 
バンダイ 1/144 ジェガン[非HGUC 旧キット](JEGAN RGM-89) ジェガン正面下側拡大 バンダイ 1/144 ジェガン[非HGUC 旧キット](JEGAN RGM-89) ジェガン背面下側拡大

肩アーマー前方のアポジモータにはウェーブのディティールアップパーツを配し、側方のスラスター内部にはスジ入りプラ板を配しています。ふくらはぎ下のバーニアノズルには、内側にメタルパーツを仕込んであります。その側方のスラスター内部にはスジ入りプラ板を配しています。バックパックにも、ふくらはぎ下のバーニア同様、3個あるバーニアノズルの内側にメタルパーツを仕込んであります。

バンダイ 1/144 ジェガン[非HGUC 旧キット](JEGAN RGM-89) ジェガン正面2

バズーカは、コトブキヤのウェポンユニット「MW-02 バズーカ・ハンドガン」から流用しました。バズーカは、後部の弾倉部分の上下を逆にしています。また、バズーカには、制御ボックスなるものを新造し、そのセンサー部にはラインストーンを、モニター部にはメタル調テープを配し、ディティールアップしています。

バンダイ 1/144 ジェガン[非HGUC 旧キット](JEGAN RGM-89) ジェガン バズーカ1 バンダイ 1/144 ジェガン[非HGUC 旧キット](JEGAN RGM-89) ジェガン バズーカ2
 
バンダイ 1/144 ジェガン[非HGUC 旧キット](JEGAN RGM-89) ジェガン ビームサーベル

ビームサーベルは、刀身部のクリアーパーツを他キットから流用しました。

これで、「バンダイ 1/144 ジェガン[非HGUC 旧キット]」の作り方、製作日記によるレビューを終わります。結局、着手が遅く、製作にも時間を要し、HGUCシリーズのジェガン発売に間に合いませんでした....(>_<)
バンダイ 1/144 ギラドーガ[非HGUC 旧キット]」と同じ結果です....(-_-) しかしながら、ギラドーガに続いて筆塗りによる全塗装にチャレンジしましたので、さらに筆塗りがレベルアップしたのではないかと思います。筆ムラもかなり抑えられましたし。さて、次は何をつくろうかな....。