2014年07月18日

1/144 R-ジャジャ[非HGUC 旧キット]レビュー8 脚部、足首

今回は、「バンダイ 1/144 R-ジャジャ[非HGUC 旧キット]」の脚部、足首を製作、改造しました。それに先立って、「バンダイ 1/144 R-ジャジャ[非HGUC 旧キット]」の足首パーツをバラバラに切り刻みました。また、「HGUC ユニコーンガンダム」の足首パーツも部分的にカットして利用します。

バンダイ 1/144 R-ジャジャ[非HGUC 旧キット](R-JARJA AMX-104) 足首分解
バンダイ 1/144 R-ジャジャ[非HGUC 旧キット](R-JARJA AMX-104) 足首分割 バンダイ 1/144 R-ジャジャ[非HGUC 旧キット](R-JARJA AMX-104) HGUCユニコーンガンダム足首分割

「バンダイ 1/144 R-ジャジャ[非HGUC 旧キット]」の足首は、横方向にやや大きめと感じられましたので、小さくすることにしました。「1/144 R-ジャジャ[非HGUC 旧キット]」の足首パーツは一旦前後のブロックの間で分割しています。足首関節にはボールジョイントを採用して可動範囲が広い「HGUC ユニコーンガンダム」の足首パーツを利用します。

「バンダイ 1/144 R-ジャジャ[非HGUC 旧キット]」の足裏は手元に資料が有りませんので、どういったモールドになっているのか分かりません。このため、もちろん設定とは異なりますが、「HGUC ユニコーンガンダム」の足裏パーツ流用することにしました。

バンダイ 1/144 R-ジャジャ[非HGUC 旧キット](R-JARJA AMX-104) 足首前側1 バンダイ 1/144 R-ジャジャ[非HGUC 旧キット](R-JARJA AMX-104) 足首前側2
バンダイ 1/144 R-ジャジャ[非HGUC 旧キット](R-JARJA AMX-104) 足首前側3 バンダイ 1/144 R-ジャジャ[非HGUC 旧キット](R-JARJA AMX-104) 足首前側4

「バンダイ 1/144 R-ジャジャ[非HGUC 旧キット]」の足首は、分割した前側のブロックのみを左右ともに2mmずつ幅詰めしました。分割した後側のブロックはそのままのサイズです。そして、足首の前側のブロックの上部に「HGUC ユニコーンガンダム」の足首関節部を移植しました。上面が適度な高さになるように調節したつもりですが、この辺りは目分量、適当です。とりあえずどこかの形状を決定して、それを基準にしないと次に続きませんので、膝下のフレア部との位置関係はあとで調節することにしました。

「バンダイ 1/144 R-ジャジャ[非HGUC 旧キット]」の足裏には「HGUC ユニコーンガンダム」の足裏パーツ流用しますので、その足裏パーツの形状、サイズに合うように開口を設けておきます。

バンダイ 1/144 R-ジャジャ[非HGUC 旧キット](R-JARJA AMX-104) 足首完成1
バンダイ 1/144 R-ジャジャ[非HGUC 旧キット](R-JARJA AMX-104) 足首完成2 バンダイ 1/144 R-ジャジャ[非HGUC 旧キット](R-JARJA AMX-104) 足首完成3

上の画像が、「1/144 R-ジャジャ[非HGUC 旧キット]」の脚部、足首の完成状態です。幅詰めして関節部を組み込み、足裏パーツを設けた足首の前側ブロックに後側ブロックを取り付けました。これで、「1/144 R-ジャジャ[非HGUC 旧キット]」のスマートな感じの足首が出来上がりです。

今日の「1/144 R-ジャジャ[非HGUC 旧キット]」のレビューはここまで。以下、次回。