2008年01月27日

ガンプラ好き管理人のガンプラ作り方、製作日記

20数年ぶりにプラモデル、ガンプラ作りを復活しました。ということで、折角なのでブログも立ち上げてみることにしました。

ガンプラ作り方、ガンプラ製作日記といっても、どれだけ書けるか分からないけど、備忘録的に続けてみようと思います。

ところで、ガンプラ製作とか、ガンプラ作り方で、ネット検索してみますと、うじゃうじゃブログがヒットします。人それぞれ、ガンプラの作り方にポリシーというか、みなさん何かしらのこだわりを持って作っているみたいです。中でもよく目にするのは、改修なしの素組みのみ、エアブラシ、スプレー系の塗装なし、筆塗りの塗装すらしない、などといった簡単仕上げにこだわった作り方です。理由としては、時間がもったいないから、家に小さい子供がいるから、といったものが多いようです。我が家も例外ではなく、時間がなく、小さい子供がいるので、強い異臭がする塗料は使えません。でも、やっぱりウォッシングやウェザリングで汚したい....。

というわけで、作業環境はこんな感じです(変わるかも....):
・接着剤:プラモデル用接着剤(通常のと流し込み用の2種)
・組立て:目立つ部分の、パーティングラインやパーツ同士の合わせ目はできれば消したい。目立たない所、外から見えないところは当然しない。全体塗装しないので、プラ板やパテを使った大掛かりな改修はしない。コトブキヤやウェーブといったディティールアップパーツの使用のみにとどめる。
・塗装:基本はガンダムマーカーによる部分塗装で、ボディの大半は成形色のまま
・汚し:臭いけど、エナメル塗料を少々(換気励行!)

あと、
ガンプラの作り方や製作日記のほかに、道具やノウハウなんかも書けたらいいですね。

2014年04月25日

ガンプラジャンクパーツ部品ばら売り販売大阪日本橋

大阪近辺でガンプラの改造やスクラッチ、ニコイチ、ディティールアップなんかを楽しんでいる方に朗報です。(もうすでにご存じの方も多いかもしれませんが....)

先日、大阪は日本橋界隈をブラブラしておりましたところ、ガンプラのジャンクパーツ、部品をばら売りしているお店を発見しました。イエローサブマリンの「 なんばGAME SHOP 」さんです。こちらのお店は以前から存在していたようですが、最近店内を改装なされたようです。

ところで実は、以前、大阪日本橋にはガンプラのジャンクパーツ、部品をばら売りしているお店がありました。ジョーシンのスーパーキッズランド本店に近くに、確かお店の名前は「ポチ」だったかと思うのですが、ガンプラ等の中古品のほかにガンプラのジャンクパーツ、部品をばら売りしていました。そのお店で何度かガンプラパーツを購入したことがあります。

しかしながら、その後、鉄道模型を販売している系列店(スーパーキッズランド本店のはす向かいのお店)と合併して、今はガンプラのジャンクパーツ、部品のばら売りをしていないと思います。非常に残念に感じ、ほかにどこかでやってくれないかな~と思っていました。

イエローサブマリンの「 なんばGAME SHOP 」さんのガンプラのジャンクパーツ、部品のばら売りは、大体キットごと、MSの部位ごとにまとめられており、透明の袋に入っています。どの部品が入っているかは中が確認できます。組立説明書は入っていないようです。組立説明書は、それ自体がさらに別売りで販売されていたかと思います。付属のシール類も販売していたように思います。(間違っていたらゴメンナサイ....)

HGUC、MG、ビルドファイター系、LBXなど、かなりの種類のガンプラに対応しているようです。武器、防具、バックパック系は人気が高いのでしょうか、比較的高めの値段設定です。胴体系などは人気が低いのでしょうか、パーツ数が多い割には比較的安めの値段設定だったように思います。

というわけで、大阪日本橋でもガンプラのジャンクパーツ、部品のばら売りが購入できるようになりましたので、時々立ち寄って、めぼしいパーツを確保しておきたいところです。嬉しいかぎりです。